株式を新規で2銘柄買いました。

株式投資

今回は新規で株式を購入した為、購入理由損切り位置を記録します。

そして今回はコラムとして、今私が個人的に気になっている銘柄を紹介させて頂きます。

購入銘柄

私が新規で購入した銘柄はコシダカHD(2157)エリアリンク(8914)です。

コシダカHD(2157)については、過去に保有していましたが価格が大きく下落したので一度売却しました。詳細については、下記記事を参照ください。

「コシダカHD」を売却しました
この記事では私が中長期で保有している日本株式について記載したいと思います。今回は「コシダカHD」を売却したので、記載していきます。 購入理由 勢いよく上昇していた事と決算が良かった為購入し少しずつ買い...

購入理由

それぞれの銘柄の購入理由についてお話していきたいと思います。

エリアリンク

エリアリンクのメイン事業はストレージ運用(収納トランク、コンテナ)です。
今後未来、このストレージ事業の需要が伸びると思ったから購入という訳ではなく
現状買われているからトレンドに乗るという意味で購入しました。

現時点(2023/5/04)では、高値掴みした感じにはなっていますが
長期目線で今後の動向を確認していきます。

下記はエリアリンクの日足チャートです。






エリアリンク

コシダカHD

続きまして、購入した銘柄はコシダカHDです。

メイン事業は、カラオケまねきねこを運営しています。
その他にもフィットネス事業のカーブスも展開しています。
カーブス(7085)については、2020年3月にスピンオフしています。
スピンオフ:会社が一部事業を切り離して別会社を立ち上げることを言います

カラオケ事業については、客数がコロナ前水準にまで回復しています。
それだけでなく、第一四半期にはタイ、マレーシアにも出店し海外展開にも本腰を入れています。
今後に期待です。

この銘柄については、過去に保有していましたが急激に下落した為一旦逃げて(売却)います。
しかし、決算が良かったことで買われて再度上昇しています。

この事実を受けて、再度買い直しました。

人間心理的には、前回取引時の購入価格(今回の事例で言えば、922円)にバイヤスが働き、高くてもう買えないと思ってしまい、中々買い直すことが出来ません。
しかし、今後今の価格より上昇すると予想する(チャートを見て買われている)場合は、過去の購入価格に囚われず、積極的に買っていくことが正しい投資判断であると考えています。

下記はコシダカHDの日足チャートです。

  コシダカHD(日足)



損切り位置

両銘柄の損切りラインについては、記載していきます。

損切の水準は下記2点です。

1.両銘柄下降トレンドに切り替わったら損切りします
→下降トレンドの定義は、日足基準で安値を2回更新したタイミングです。
2.それぞれ株価が赤枠まで下がれば決済します

コシダカHD(日足)

エリアリンク(日足)


コラム:気になっている銘柄

ここでは私が気になっている銘柄を紹介します。

この銘柄に辿り着いたきっかけを時系列順にお話させて下さい。
エピソード①
先日早朝に京都市内を歩いていると、ヨドバシカメラ前に行列が出来ていました。
この行列の意味を確かめるべく近寄ってみると、ガンプラの発売リストの看板がありました。
そこからガンプラの制作企業を調べて、バンダイナムコHDを知りました。

エピソード②
会社の先輩とのお話の中で休日の過ごし方について話していました。
そこで先輩は最近ガンプラに熱中しているとのことでした。
ただ部品を組み立てるだけでなく、細かい部品に着色用のスプレーで色をつけて組み立てているそうです。その先輩だけでなく、その他にも数人ガンプラを趣味として取り組んでいる方がいらっしゃるとの事でした。1週間の間に2回もガンプラに触れました。

会社の先輩との日常会話の中にも、ヒントは隠されているなと感じました。
バンダイナムコ(7832)今後の株価に注目です。

バンダイナムコ(7832)

四季報:バンダイとナムコが経営統合。玩具首位級。ゲーム、娯楽施設、映像ソフト等総合エンタメ企業。

解説記事:玩具はガンプラなど大人向け好調、連続増益。
ガンプラは生産追い付かず新工場建設に向けて土地を取得、生産能力補強に注目。立て読み漫画事業に参入。










バンダイナムコHD(日足)

PAGE TOP