FXトレード記録 2022.12.12~12.16

people night dark laptop トレード日記
Photo by Mikhail Nilov on Pexels.com

この企画はFX取引で100,000円を10倍の1000,000円まで増やします。
この増やしたタイミングで出金して、再度100,000円から取引を開始します。

つまりFXの醍醐味である「少額の資金を増やす」取引を実施するということです。

先週のトレード記録については下記参照ください。

ハイレバトレード日記 2022.12.5~12.9
この企画はFX取引で100,000円を10倍の1000,000円まで増やします。この増やしたタイミングで出金して、再度100,000円から取引を開始します。 つまりFXの醍醐味である「少額の資金を増や...

口座資金

63,844円→28,954円

今週の買いトレード①で損失。再チャレンジの為、80,000円入金。

28,954円→108,954円(ポジション保有中)

エントリーと決済

買いトレード① 116.3pips損失
シグナル発生した為、エントリー
2022.12.13.22.30の経済指標(アメリカの消費者物価指数)の発表が予定されていた。損切りラインを上げて持ち越した結果、急落して決済となった

売りトレード② ポジション保有中
シグナル発生した為、エントリー。
シグナル発生したら決済

改める!!

買いトレード①について
→後知恵バイヤスに掛からないように述べたい。
このトレードは、エントリーではなく決済について議論したい。
今回のケースで言うと合理的な決済判断は

「大きな経済指標(消費者物価指数)の発表前には、どんな価格であれ決済する」

ということだ。
理由は、指標の発表時はテクニカルが効かないこととボラリティが激しくな為。

この過ちは2回目です。
何故人間はダメだと思っていても何故、ポジションを保有してしまうのか?
いいきっかけなので今回の事例について、別の記事で思考を深めていきたいと思います。

何故人間は、やったらダメだと分かってはいるのにやってしまうのか?
あなたはどちらを選ぶでしょうか明日の利益か?今日の利益か? 「目先の利益より未来の利益を求めてしまう」のが人間本能でもあります。そのデフォルトとして備わった人間本能とどう向き合えば・どのように抗えばい...


このトレードからの得た教訓は下記内容である

アメリカの消費者物価指数の発表前はどんな価格であれ、決済する

初めは、行動を起こす時心理的にダメージあるがその障壁を乗り越え
このルールを習慣化するしかない。

この絶え間ない努力が人間的な感情を無くし、トレーダー的思考を得ることが出来る。

PAGE TOP